LINE電話って
本当に通話料無料!?



と、疑いつつ数年・・・

昨晩、はじめて通話料無料のLINE電話を使ってみました。

(・・・おっそっ 笑)


実際には、向こうから電話がかかってきたので「受け」ですが、

こちらで「通話を拒否」というLINE設定にしていたみたいで、
すぐには繋がりませんでした。


で、さっそく設定をして待つこと数分。
LINE電話が繋がりました!(←)


その結果・・・



はじめてのLINE電話で気付いたことは、


・音質は、普通の電話よりもクリアに聞こえた
・途中で何らかのトラブルがあって1度だけプツリと切れた

これくらいです。


まず、LINE電話の通話料が、無線LAN(Wi-Fi)下では完全に無料とは言え、
通信に必要なパケットは消費します。しかも双方に(かける方も、受ける方も)。

ここが大きなポイントかと思います。


個人的に、私のDOCOMOでは一般電話の通話料が完全無料のプランもあるので、
それに加入するのもアリなのですが、
ほとんど電話をしない(とらない・使わない)ので入ってません。


なるほど、おぼえておこうと思ったことは、


・LINE電話をかける方も受ける方もパケットを消費する
・無線LAN(Wi-Fi)下だと実質無料になる(パケットは消費する)
・お互い無線LAN(Wi-Fi)下ではじめて実質話し放題ということに


今後調べるべきことは、


・LINE電話が外でも無料になる方法はあるのか?
→あり得ないと思うが、あるみたいな話をいくつか見聞きした。
・LINE電話のテレビ電話のパケット消費量や条件について
→昔ドコモでパケ放題でも動画通話は別腹みたいことがあった


などなど。。。

まーガラケーからスマホに機種変更して約1年半が経過しますが、
LINE電話がかかってきたのははじめてです。

今後かかってくるかどうかもわかりませんので、
もし、またいつか、そういうときがあったら参考にしようと思って
この記事を書いた感じです。(←裏事情の暴露)

私的には、電話の通話料ビジネスや、パケット消費による課金ビジネスも、
もはや古いというか、正直いつまでも続かないのではと思っています。

(夢のオールフリー!)

すぐは無理でも10年もしないうちに状況は激変するのでは?と。。。

ひらめき

今日のひらめき: 無線LAN(Wi-Fi)でのLINE電話はかなり凄い。