四月は君の嘘。
全11巻読破しました。


い、一日で・・・



四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス) Kindle版


四月は君の嘘 (11 冊) Kindle版



取りつかれたかのような勢いで丸1日かけて読み終えましたが、
逆に言うとそれくらいのめり込める内容でした。


元々、映画のエンディングで
モヤモヤしたことを確かめたくて

原作を読みはじめたわけですが、
ちゃんと表現されていてスッキリしました。



これが狙い通りだとしたら凄いですが。。。



(昨日書いた記事)
映画「4月は君の嘘」を観ました。そしたら、凄いことが。



スマホで寝転びながら読みましたが、
もう、涙が、こめかみから、耳元へ、つたうつたう・・・


最初は、宮園かをりの演奏に感動した女の子たちが
花束を渡すシーンで、ウルっと来て

そして有馬公生の「はじめて見た」のセリフでアウト。


これ序盤の話なので、全編通して一体どれだけ泣いたんだと。
涙腺とメンタルどうなってるのか・・・

ちょっと心配になりましたが、
ま。いい作品だったなぁと。


(ワンピースの序盤でシュシュ(犬)が泣いてるシーンを思い出しました)
(私がワンピースにのめり込んだキッカケとなったシーンでした)



そもそも私は、ベタな展開じゃなければ
感情移入できないタイプなので、ちょっとだけ嫌なこともあったけれど、
全体的にはちょうど良い感じでした。


いろいろ伏線が張られていると、よほど上手に描かれてない限り
作者とか担当編集の表情とかが浮かんできて入り込めないという。。。


そういう意味でもちょうど良かった。

偶然手にしたとは言え良い作品に出会えてうれしい限りです。


振り返ると、映画では、高校生だし、ライバルが出てこなかったり、
若干設定が違ってはいましたが、

それでも結構忠実に描かれてて良かったなと思います。


これなら映画も原作もどちらも邪魔をし合わないし、
とてもいい関係だと思いました。


あと、しばらくクラシックにはまりそうです。



四月は君の嘘 サウンドトラック & クラシック音楽集



四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス) Kindle版


四月は君の嘘 (11 冊) Kindle版



四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)