会社で非常に困ったことになって、

「エクセル 文字 バラバラ 関数」

と検索して出会いました。

MIDという関数に。


【 MID関数の使い方 】

 MID(セル, 先頭からの開始位置, 取り出す文字数)


例えば、A1セルに「エクセル関数」とあった場合に、





B1セルにMID関数を

=MID(A1,1,1)

と入力したらB1セルに「エ」と表示されます。

C1セルに

=MID(A1,2,1)

と入力したらC1セルに「ク」と表示されます。





生まれてはじめてMID関数なるものを知り、使ってみましたが、
超便利な関数です。とても助かりました。


Excel2002以降から使える関数なので、
今のパソコンであれば問題なく使えるはずです。

「エクセル 文字 バラバラ 関数」

と検索してきたあなたのお役に立ちますように。


+++

ちなみに今回は

(1)最大8桁の金額を、
(2)OCR用紙に位置合わせをして、
(3)印刷する必要があったので、

桁数が少ないまま印刷すると左寄せで100と表示されると困るため、

金額の頭に「&」で、アルファベットの「Z」を5つ加えて(最小桁が3桁だった)
文字列にしてから、RIGHT関数で右から8桁を抽出。





最後に、条件付き書式で「Z」が印字されないように文字の色を白にする





(例)3024円の場合

3024 → zzzzz3024 → zzzz3024 → 3024(zは白文字で印字されず右寄)


他にもっといい方法はあるかもですが、
時間がなかったのでささっとやっつけました。
 

ひらめき

今日のひらめき:「出来るに違いない」「これくらい当然できるだろう」という思いが、新しい技術を見つけてくれることって結構多いです。