川口能活選手(43)が
今季限りで現役引退を表明・・・



センス抜群なのはもちろん、小柄でありながら、
前にドンドン出てピンチを刈り取っていく俊敏性、そしてその勇気。

「こんなのありなんだ・・・」と大衝撃を受けたものです。


川口選手は、1994年のアメリカワールドカップの
予選93年ドーハの悲劇以降に出てきた選手です。

当時、私が大好きだった松永成立選手の次の代表ゴールキーパーとして
長年日本を引っ張ってくれた選手です。

(93年は高校3年生で清水商高が選手権優勝した年で、
テレビの前で突然現れた歳が近いヒーローをガンガン応援していました)


引退と聞いて私は「本当にお疲れ様でした」「ありがとう」
という気持ちとともに、しょんぼり・・・です。


引退記者会見が11月14日、12月2日のJ3第34節・鹿児島戦後に
引退セレモニーの予定だそうです。


ひらめき

今日のひらめき:私はサッカーではありませんが、私のプレースタイルに非常に強い影響を与えてくれた大好きなサッカー選手の一人です。・・・熊本、来てほしかった。