人生で大事なことは全部
ツルモク独身寮が教えてくれた



ツルモク独身寮 Kindle版



普通に、私にとって絶対に欠かせないバイブル本の一つです。

設定をAMAZONから引用しますが・・・


ツルモク家具に入社した宮川正太。
独身寮に入寮した彼は、そこで田畑、杉本という先輩と同室となる。

寮内を案内され、屋上に出ると、そこは女子寮が丸見え。
そこで正太は部屋で着替え中の女の子と目が合ってしまう・・・



な、なんというベタな展開。

でも、これがいいんですよね。。。


連載開始は1988年(昭和63年)で昭和最後の方の年です
(正確には昭和は64年の1月7日まで)

新しい年号になろうとしているこのタイミングで
まさかツルモクをご紹介することになろうとは。。。


「ほいたらばいぜ!」

毎日言ってました。(高知の言葉らしいです)

杉本のファッションを見ては大人になったらこんな服着るぞとか、
就職したらQCサークル頑張るぞとか、みゆきさんのような彼女作るぞとか、

いっぱいいっぱい楽しませてもらった作品です。


・・・今、読んだらなんと感じるのだろう?


そう思うとドキドキしてきます。


いつかまた読むことがあったら必ずシェアいたします。


って、こんなこと書くから結局読んじゃってさらに時間に追われるハメに笑


それでは、ほいたらばいぜ(`・ω・´)b




ツルモク独身寮 全11巻完結



ツルモク独身寮 Kindle版