満足価格!ブランド品買取【スピード買取.jp】

今日から俺は ドラマ

漫画 テレビドラマ 仕事


今日から俺は!!(1)



今、30巻です・・・


きっかけは無料で見れる1巻を見たから。
まんまとハマってます。

漫画、全部読みなおしたいけど・・・



ドラマも見てます・・・


福田雄一 × 賀来賢人

で、私にとっては観ない理由はないです。

キャラクター設定、基本設定、性格、相当違ってますが、
これはこれで面白いです。


今井がズッコケなだけになっているので、
もうちょっとカッコイイ、男気ある、が足されれば、
私的には問題なしです。


京ちゃんは・・・だいぶ頑張ってますね。
原作とは全く別人ですが笑



「仕事しろ!」とどこからともなくお叱りの声が聞こえてくるようですが、

こうしてブログに投稿していることで
「これが仕事だぜ!」と胸を張って言えるとか言えないとか。。。


ま、私の趣味の漫画読みやドラマ鑑賞は、
相当ストイックなものだと・・・

このブログを通じて証明されていっているのは確実です。


あなたも1巻だけでもいかがですか?(悪魔のお誘い笑)




今日から俺は!!(1)


ひらめき

今日のひらめき:今日から俺は!はやっぱり相当面白い

秘書

仕事

「秘書」について調べていたら・・・

秘書(ひしょ)とは、組織あるいは上司の書類面における仕事を請け負う職務、職業。またそれを行う人。

日本では、アシスタントと英訳されるのが適当である場合が多い。



とありました。



・・・なんか思ってたのと違う笑


と思ったら、

その他にも上司の身の回りの世話、メールや電話の応対、来客の接遇、スケジュール管理、書類・原稿作成など、「総務の専門家」として機能する。


私には、こっちのイメージがしっくりいきます。


さらに、調べていくと・・・

全国から募った優秀なアシスタント、なんてのもあれば、
オンラインで可能、とか、24時間対応、とか、
敏腕秘書たちが集結とか、月額4000円から、とか

いろいろな秘書がいるみたいでした。


ひらめき

今日のひらめき:これから、まだまだ秘書について深く学んでいきたいと思っています。まだ見ぬ最強の秘書を探すために。(意味深)


GO

映画


GO



あららー完全に見るの忘れてた。。。
という作品をYahooのトップページから発掘。


GOは、直木賞を受賞した金城一紀さんの
同名ベストセラーの映画化作品で、

当時は主演の窪塚洋介さんの活躍はやばかったし、
プロモーションもガンガンやってて凄かったおぼえがあります。


主な出演者に柴咲コウ、大竹しのぶ。

メガホンは行定勲監督。。。


ほら、もうこれだけで自分には見る価値大~


しかしまぁ、2001年のGOの劇場公開からずっとスルーし続けてたってやばい笑

エクセル 文字 バラバラ 関数

仕事

会社で非常に困ったことになって、

「エクセル 文字 バラバラ 関数」

と検索して出会いました。

MIDという関数に。


【 MID関数の使い方 】

 MID(セル, 先頭からの開始位置, 取り出す文字数)


例えば、A1セルに「エクセル関数」とあった場合に、





B1セルにMID関数を

=MID(A1,1,1)

と入力したらB1セルに「エ」と表示されます。

C1セルに

=MID(A1,2,1)

と入力したらC1セルに「ク」と表示されます。





生まれてはじめてMID関数なるものを知り、使ってみましたが、
超便利な関数です。とても助かりました。


Excel2002以降から使える関数なので、
今のパソコンであれば問題なく使えるはずです。

「エクセル 文字 バラバラ 関数」

と検索してきたあなたのお役に立ちますように。


+++

ちなみに今回は

(1)最大8桁の金額を、
(2)OCR用紙に位置合わせをして、
(3)印刷する必要があったので、

桁数が少ないまま印刷すると左寄せで100と表示されると困るため、

金額の頭に「&」で、アルファベットの「Z」を5つ加えて(最小桁が3桁だった)
文字列にしてから、RIGHT関数で右から8桁を抽出。





最後に、条件付き書式で「Z」が印字されないように文字の色を白にする





(例)3024円の場合

3024 → zzzzz3024 → zzzz3024 → 3024(zは白文字で印字されず右寄)


他にもっといい方法はあるかもですが、
時間がなかったのでささっとやっつけました。
 

ひらめき

今日のひらめき:「出来るに違いない」「これくらい当然できるだろう」という思いが、新しい技術を見つけてくれることって結構多いです。


ショーシャンクの空に

映画


ショーシャンクの空に


私の映画ベスト10に必ず入る作品。

モーガン・フリーマンのことなんて何も知らなかった
20歳の時に大学の図書館で観て、

ジャケ写(ジャケットの写真)と全く同じところで、
涙が止まらなくなって超恥ずかしかったという思い出があります。

当時は、友人にはずっとベスト3に入ると公言してきました。

あれから20年以上経った今、
今、観たらどう思のか?っていつも思うって意味で、

今一番観たい映画の1つだったりします。


詳しくは改めて観てからレビューします。



ショーシャンクの空に

ページの先頭へ