「人はなぜ生きるのか?」
と聞かれたら何と答えるか?


という話をちょっとだけ・・・


私自身は中学2年生ときには
そう問いかけていた記憶があります。

ずっとああでもない、こうでもないと自問自答し続け、
ライフワークのようなものになっています。

この問いに対して、良いこと、悪いこと、どうでもいいこと、
いろいろなことをいう人の声にずっと耳を傾けてきた中で、
グサっと心の刺さった言葉がありました。

教えてもらったというよりは、
「そうそうそうだよね~~!!!」って感じでしょうか。

同じようなことを考える人がちゃんといてよかった、
というほっとした感じでしょうか。

いつ、どこでは忘れましたが、そんな感じでした。(←こら)


「人はなぜ生きるのか?」

→ 感激(かんげき)するため



感動(かんどう)でもなければ、感謝(かんしゃ)でもなくって、
感激(かんげき)するため。私はこれでした。


じゃあ感激とは?って聞かれると
また別の話になってしまうのでここでは説明しませんが、

でも、子供に聞かれたらきっと即答すると思います。
「人は感激するために生きてるんだよ~」って。


また、仲間を作るときの大きな基準にすると思います。



もちろん、それじゃあ納得いかないよって人も多いことでしょう。
そういうものだと思います。答えは人の数だけある、って言いますしね。


ただ1つ・・・ちょっとだけ気になっていることは、


「そうそうそうだよね~~!!!」って思わせてくれた、
キッカケになった人のことがわからないことです。


あの人かなぁ、いや、やっぱりあっちの人かなぁ、
あの本かなぁ、この本かなぁ、というのはあるのですが、

もともと自分の中にあったものだからなのかもしれませんし、
なるべく気にしないことにはしているのですが・・・

それでもたまに、書棚をごそごそしてしまうときはあります。

ふ~む。一体どこの誰だったか。またはどの本だったか・・・

どんなに大好きだからってことでも、
西城秀樹さんの「ヒデキ、感激」ではないと思うのですが・・・

・・・そもそも世代がまるで違うし 笑


ふ~む。気になるなぁ~ (←だいぶ気にしてる)