「何て言えばいい??」


とバイきんぐ小峠さんバリに絶叫したい時って
まぁまぁ多くあります。


そんなのときに役立つ話です。


「鼻を見てください。」
と言われるまで自分の鼻って見えません。

→ これを盲点と言います。



盲点って、

「わーそれは盲点だったな」とか、
「わー言われるまでほんとに鼻が見えなかったよ。」

などなど、ネガティブな意味で使われることが多いのですが、
実際にはとてもありがたいものです。



だって、盲点がなければ仕事中に鼻が見えて邪魔で仕方ないし、
女の子を口説いているときに自分の鼻なんて見たくない。

→ ほら、盲点ってすっごくありがたい。。。(←たとえ話な)


じゃあ、一体何の話なのかというと・・・


「盲点」をちゃんと使うことで、
いろいろなことが上手く行きますよという話です。



だいたい私たちが悩むときというのは、
アクセルとブレーキを同時に踏んでいるとき、
と相場は決まっています。


なので、盲点を使ってブレーキをなくしてアクセルだけにしたり、
盲点を使ってアクセルをなくしてブレーキだけにしたりすることで、


びっくりするくらいスーーーーって
悩みとか問題が解決することは本当に多いです。


そして、「何て言えばいい??」というような時でも、
実は、大体、盲点がからんでいることが多いです。



えと。。。


書きたかったことが遠すぎるので、
またの機会に書くこととします。。。


まぁ・・・実際には書きたいことは全部書いているのですが、
ちゃんと正しく読めないようになっているはずです。


そう。盲点によって・・・←


とりあえず「盲点は頼もしい味方だよ。」と、

今私の目の前でうんうんうなっている人に
伝えてあげたくて記事にしました。



もうしばらくしてからこの記事に書いたことをそのまま
本人に解説する予定です笑


あ、バイきんぐさんて、全部カタカナだと思ってた。。。

これも盲点!?