私は毎日、少なくとも水を5リットルくらい飲みます。

(※真夏の熱中症対策とは別に、です。)


「水分は採ってますか?」と聞かれたのでこう答えたら・・・

とある指導員の方から、
「よく飲めますね。でも、飲み過ぎです。体に悪いですよ。」
とアドバイスしてくださいました。


いやぁ、別に一気飲みでゴクゴクとかなじゃないし、
500mlを10回に分けて、と考えたら、
ごくごく普通じゃないかなと思いますが。


こういう間違いって結構多いです。情報が偏っているというか、
たぶんこの方は熱中症対策の話とごっちゃになってるんじゃないかと思います。


ちなみに、ですが、熱中症対策で飲む水には塩分が必要です。

汗などで塩分が体から過剰に出ていくので、
そこに大量の水を飲むことで、より塩分の排出を手伝ってしまうことに繋がり、
その結果、塩分が規定値よりも足りない状態である、
低ナトリウム血症を起こしてしまう、みたいな。

(※かなりざっくりと書いています)


そういう方には、「いつ?」、「どこで?」、「誰に聞いたの?」
「あなたの体に責任を持ってくれる人ですか?」、「自分で実践してますか?」
とか、興味津々というか、質問攻めにしたい衝動にかられるのですが・・・


ほとんどの場合は、「そうなんですね。気を付けます。」と、
できるだけ丁寧に返答するようにしています。



あと、間違っている、といえば・・・
「喉が渇いたときが飲むタイミング。」という人もいますね。



これはもう・・・間違いというか、
手遅れじゃないかと言いたいです。


・体が水分不足に陥っていているから、

・脳が、私たちにわかるように、

・喉が渇くというサインを送る・・・


じゃあ、もう手遅れじゃないですか笑

なので、水は喉が渇く前に飲む。これです。


当然自己責任でやっていることなので、
そうじゃない人を批判するって話ではありませんが、

私的には、体に水の渇きを訴えさせたら負けだなって思ってやっています。
すると1日に最低でも5リットルになっちゃいました。ということです。


他にもいろいろやっているので、
このブログでご紹介できればとは思いますが、
基本は、迷ったら体の声を聴け、です。

興味がある方はぜひまたお越しいただければと思います。


ひらめき

今日のひらめき:私は、私の大切な”体さん”に水の渇きを訴えさせたら負け。という勝負に挑み続けています。